ヘッダー画像

体調によっては短い期間で下船しなくてはいけない

暇を持て余す

世間で知られているイメージとは「みんなが主役で船を出す」という意気込みをもった若者を中心に、国際交流を目的にボートで世界一周船旅をコーディネートしているNGO団体です。
1983年から始まり、年に2回程度開催され合計で69回もの船旅が開催されていますが、その期間は1回の船旅でだいたい3ヶ月程度です。
訪れた港は200港弱を数え、参加人数は4万人をこえていますので、ここでは国際交流を目的としていますので、ここで立ち寄った先では学生やNGO団体と交流を深め人種を越えた人間同士の深い繋がりを作り上げていくという取り組みがなされています。 このようにボランティアスタッフとして働くと通常より格安です。 世界一周をすることが出来るということもあって、好奇心旺盛な学生など若い人に特に需要があります。 これは、ただ期間が限られていますので、ここでは1つの港に約半日〜1日しか停船しませんので、ここから実際にはゆっくりと観光地を楽しむ事は難しいのがデメリットです。 反対に短い間で多くの地域を回り、世界一周をしながら国際交流を楽しみたいという人にはとても良いでしょう。 そして、また船内では講習会や交流会も開催され、仲間同士の関わりを大事にしています。 しかし、それ以外にもこの期間では時世代を担うような若者たちが活躍出来る場を提供し、その一環とし様々なピースボートのプロジェクトを行っています。


評判

ポスター

全ての期間を楽しく過ごすことは不可能に近い?

プロジェクト

ただ船に乗って世界一周をするだけでなく、長い期間の船旅の中で自分が活躍出来る分野を見極め学生たちがそのプロジェクトを進めていけるようにバックアップをしています。
特に船の中には水先案内人と呼ばれる様々な分野に特化したスペシャリストたちが相談役になり、その取り組みを助けています。
ピースボートが手がけるプロジェクトの中には、『UPA国際協力プロジェクト』という期間で訪れた地域に日本で集められた物資を寄贈するプロジェクトが設立当初から行われています。 物資は日常用品から医療品に至るまで様々なものが寄贈支援されています。 その他にも『ピースボール』と呼ばれるサッカーを通して国際交流を行うものがあります。 これは経済事情など諸事情によりサッカーボールを買うことの出来ない貧しい国や地域にボールを寄贈する活動を行っていて、現在30カ国以上に寄贈してきている他、チャリティー大会も開催しています。 また元サッカー日本代表監督のトルシエ氏が親善大使となり、本物のボールで遊ぶ楽しさ、幸せを経験させたいと呼びかけています。 他にも日本で寄贈を呼びかけ、キューバやベネズエラに野球用品を寄贈する期間の活動も行っています。 物資支援だけでなく、イスラエルでのイスラエル軍によるパレスチナ・ガザ地区への攻撃に対するデモを行い、援助物資を届ける人道支援も行っています。

体験談

詐欺

この期間で勉強や自分を見つめるいい機会に

アジアやヨーロッパで

またカンボジアやアフガニスタンでは地雷除去の活動を支援し、この期間い様々なキャンペーンを展開し実際にカンボジアの広い範囲から地雷を除去し5つの小学校を建てています。
現在も地雷除去の活動を支援し、地雷募金も募っています。
そういった平和への願いを込めて「旅と平和」をテーマにしたエッセイを募集し、大賞には地球一周クルーズの無料乗船券を贈るという支援プロジェクトも期間で行われています。 もちろん海外だけでなく、東日本大震災への支援も行っており、ここではボランティアが現地に赴き炊き出しなどをしています。 ピースボートのプロジェクトはただの海外旅行ではありません。 あくまでも国際交流を目的とし、船内の仲間達と意見交換をしたり検証したりすることを目的としています。 一方で船体の故障などは期間このではまだ問題点はあるもののです。 こういった海外交流や海外支援に裏付けされたバックルラウンドを持つ旅路の中で、自分なりの海外との繋がりを見つけ仲間とともに取り組むことは、必ず大きな経験の場を与えてくれることでしょう。

世界一周ピースボート~全部でいくら?本当の費用と安全の実態