ヘッダー画像

昔からある船の正解一周の旅ピースボートの実態

夢ではなく現実

小さいころから費用さえあれば世界一周を人生で一度はしてみたい、そんな夢を持つ人はピースボートに集まる老若男女問わずたくさんいます。 しかし、生きているうちにその夢を現実のものにできる人は限られています。
なぜでしょうか。
「世界一周なんて夢のまた夢」と、はじめから諦めてしまっていて、実現のための一歩を踏み出そうとしないからです。
学校はどうする、仕事がある、家庭をほったらかしにして行けない、外国旅行はやっぱり不安、安全も第一ものすごい費用がかかるのではないか、など、解決が難しい問題は確かにありますが、あきらめる前に、一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。 実態はというと、ピースボートは随時、説明会を行っています。まずは説明会に参加して、話を聞いてみることから始めてください。 この機関の参加者は子供から年配の方まで様々な世代にわたっています。 世界一周のコースは年に数本の設定があり、期間は104日から108日くらい、航路と寄港地によって数日の違いが生じます。 この日数は、意外と短いのではないでしょうか?学校、仕事、家庭をどうしても休むことができないほどの長期間ではありません。 一生に一度の経験、これからの人生を大きく変える体験のために費やす時間としては、実態は長い人生の中のピースボートはわずかな一部にすぎません。 生きる力は、経験の質と量から生まれます。

体験談

費用は世界一周でピースボートはいくらかかるのか

経験を得ること

なにを見てきたか、聞いてきたかは、ピースボートでの経験は物事を理解したり想像するために不可欠なものです。 費用よりも知っているか知らないか、この差の大きさは、知らない人にはわからないものです。持って生まれた能力を眠らせたまま一生を終える人がいかに多いでしょうか。
世界一周の船旅は、わずか3ヶ月余りで、日本で何十年過ごしても得られない質と量の体験を得られる大きなチャンスです。
「世界一周をしてみたい」と夢見られる人は、チャンスのはしっこが視界に入ったというだけでも運のいい人だと言うことができます。 経験、見聞の価値に気付き始めているのです。
その実態を追いかけて捕まえないのは、本当にもったいないことです。 ピースボートの参加者は、そこに気がついたラッキーな仲間です。 また、どう工面しても3ヶ月は不可能な場合には、全行程参加でなく途中までの安全な参加も可能となっています。 外国旅行に不安を感じるのは当然のことです。
安価な費用で世界一周をする方法としてバックパッカーもありますが、これは実態はピースボートよりもかなり勇気の要る旅です。

ポスター

運命でピースボートで知り合った一生の仲間

友達や恋人ができる

自由にコミュニケーションできるほどの語学力はない(英語がかなり話せるとしても、世界には英語が通じない地域はたくさんあります)。
実態はピースボートで泥棒にあったらどうしよう、病気や怪我で動けなくなったらどうしよう。
そこまで最悪な目に遭わずにすむとしても、一人で長い旅を無事に続けるだけの体力や気力が果たしてあるのだろうか、それを考えない人はいません。 また、費用の安いバックパッカー旅行は旅と旅先での生活に関する全てを自分で調べ、手配します。 スケジュールを立て、その通りに旅程をこなせるように自分を叱咤激励し続けなければなりません。 旅人であると同時にツアーコンダクターでいなくてはなりません。 トラブル発生時はめげている暇もなく、臨機応変に対処しなければなりません。 一箇所に滞在する旅であっても、馴染みのない外国でそれをやるのは容易なことではないのに、ピースボートの世界一周を目指すとなれば、常にそこは「初めて足を踏み入れる土地」です。 そんなスリリングな体験も決して悪くはないのですが、旅情にひたる余裕はないでしょう。 旅先での経験の中身が変わってきます。 過酷な旅で得られる経験と、異国の自然や風景、文化の吸収に専念する心と体と時間のゆとりがある旅での経験は、同じ土地を訪れたとしても、まったく別のものになります。 チャーターの船や飛行機を気ままに使って世界一周をすることができるなら、それに越したことはないでしょうが、費用よりもそれこそ非現実的な話になってしまいます。 そこに、多くの人が現実的に安心して世界一周を楽しむために運営されている安全なピースボートの実態と意義があります。

期間

ピースボートに乗るために必要な額は?

トータルではどれくらい

実態というとピースボートを企画販売しているのは、観光庁長官登録旅行業617号、日本旅行業協会正会員である株式会社ジャパングレイスです。
長い経験と実績を持つ正規の旅行会社が毎年送り出している船旅で、安心して世界一周に挑むことができます。
安心な旅といっても、お茶の間でテレビを観ているのとは違い、旅の途中には色々なカルチャーショックがあります。 ぶつかり、驚き、消化して乗り越えなければいけない体験があり、それこそが旅の醍醐味です。 この海のピースボートの世界一周の船旅の費用は、129万円(4人相部屋利用・2016年の場合)です。 一般的な10日間程度の海外ツアーが20万円前後であることが普通ですので、3ヶ月あまりの海外旅行で129万円というのは、かなり割安料金です。 また、出発前の準備をお手伝いするボランティアスタッフの募集も行われています。 これは、どのくらい働いたかによって割引を受けることができるシステムです。 船旅ですので、移動中も旅を満喫することができるのも、実態と大きな魅力です。 大海原をゆっくりと進んでこの費用で本当に地球の反対側まで安全に行くことができるのです。

評判

世界一周の一生に一回の体験をピースボートで作る

観光目的ではない

日がな一日を海に揺られ、海を見つめて過ごす、実態はなんとピースボートは贅沢な時間でしょうか。
アジアやヨーロッパをつなぐ海を実感する人が増えることが平和への道なのです。
船内での安い費用でのアクティビティーも充実しています。 英会話教室やフリースクールが用意されています。 一番の特徴は、「ピースボート地球大学」という、この旅でしか受講できない特別な平和教育プログラムです。 世界の国々をただ外から見物するに留まらず、訪問地でのワークショップなどを通じて、生のその土地の異文化に触れ、土地の人々と交流し、平和について、深く考え、学ぶ機会を得られるのです。 そこに、一般の旅行会社との大きな違いがあります。 一生に一度の世界の旅行は、未知の人々に出会う旅であると同時に、知らなかった自分に出会う旅になるでしょう。 現地を知ることから、アフリカの自然、人々への愛情と感謝が生まれ、費用は掛かります。 地球規模の平和のためになにかをしたい自分、実態は、なにかができる自分に成長意して帰国することができるでしょう。 その時、「思い切って参加して本当に正解だった」と感じるはずです。 まずは説明会へのピースボートの参加から安全な世界一周を始めてみませんか。

詐欺